花を持つ人

大変な芝生の手入れは業者に任せるのが一番|綺麗に芝刈りしてくれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨上がりがおすすめ

草取りは、雨上がりの地面が柔らかいタイミングで行うことが大切です。それにより、根までしっかりと抜くことができるため、その後の管理が楽になります。また、服装を整え、便利な道具を使うことで、より安全かつ早く作業を行うことができます。

芝生の手入れ

芝刈り機

手入れは業者に任せる

芝は、とても丈夫な植物です。多少乱暴に踏みつけたとしても、枯れてしまう心配はありません。庭に芝を張っておけば靴や服に土がつかなくなりますし、クッション性があるため転んでも怪我をしません。また、芝の緑は目に優しいので、庭を芝生にする人が多いです。しかし、丈夫であることが仇になってしまう面もあります。芝はとても生育力が旺盛なので、真夏は1〜2週に1度のペースで芝刈りが必要になります。定期的に芝刈りを行わないと、芝が伸びすぎてとても見苦しい状態になってしまいます。また、芝の病気も発生しやすくなるため、芝刈りを欠かすことはできません。とはいえ、真夏の芝刈り作業はかなり過酷です。ついついサボってしまう人が多いのですが、サボればあっという間に庭が荒れ果ててしまいます。そんな時に重宝することができるのが、芝刈りの専門業者です。費用はかかりますが、虫刺されや日焼けを気にすることなく庭を美しい状態に保ち続けられるようになるため、多くの人が専門業者の芝刈りサービスを利用しています。

キレイな芝生を保つには

自分で芝を刈った後で、刈りくずを全部回収せずにそのまま放置しておく人がたまにいます。しかし、刈りくずをそのままにしておくと芝の根本が蒸れてしまいますし、刈りくずも腐ります。細菌が繁殖するにはうってつけの状態になってしまうため、芝が病気にかかりやすくなります。いつまでも美しい芝生にしておきたいのなら、芝の刈りくずは全てキレイに取り除いてやる必要があります。また、2〜3年に1度は根切りを行うのが望ましいです。そうしてやらないと、増えすぎた根が地中で絡み合い、水分や養分がスムーズに吸収されなくなってしまうからです。さらに加えて言うならば、定期的な施肥も非常に重要になります。芝は雑草ではありませんから、美しい状態を保ち続けるには適切な手入れが必須になります。素人が完璧に芝生の手入れを行うのはなかなか大変なことですが、芝刈り業者と定期契約を結んでおけば、全て業者任せにしてしまえます。

春に花や野菜の収穫を収穫

秋、家族みんなで自宅の庭に球根や花を植えて育ててみましょう。野菜も少量種を蒔き育てておくと便利です。野菜嫌いのお子さんに自分で種を蒔かせ育てさせると不思議に野菜をよく食べてくれます。家族みんなで植物を育ててみんなで楽しく収穫をしてみましょう。

夏野菜を栽培しよう

キュウリの育て方の特性ですが、つるが伸びるため支柱を立て、乾燥に弱いため、水をたっぷりあげるようにしましょう。初めてキュウリを育てる場合、苗から育てると成功しやすいです。覚えておきたいのが、苗の選び方です。茎が太く、病気や虫の被害にあっていない苗を選びましょう。